電子出版、いきなり頓挫

こんばんは。マヒトデラックスです。

本日もサービス残業真っ最中なのですが、無職童貞から、電子出版のファイルを作れと、データが送られてきました。データといっても、単なる写真です。リサイズもされてなければ、レタッチもされてない、そのまんま生データ。

「これに格好良くロゴつけて、ちゃちゃっとアップしてみて!」という、あまりにもお気楽なメッセージに軽く殺意が湧いてしまいそうでしたが、人間のクズを殺めても何にも得にはならないので、グっと我慢しました。僕、大人ですから。

確かに、Adobe InDesignでの電子出版は、無職童貞だけでなく、4647としても視野に入れているメディアなので、気分転換も兼ねて、取りあえず作ってみることにしました。単にインデザインに写真を貼って、ロゴを載せるだけの作業です。

レタッチなどの時間を含めても、8ページの写真集をおよそ60分で作ることができました。一番時間がかかったのはレタッチです。出来た画像データは、配置するだけですしね。

epubもpdfも、どちらも問題なく書き出すことが出来ました。カップ麺作るのと同じくらい簡単。イージー過ぎ。

出来上がったデータをサーバにアップしました。50MB前後のファイルです。一応、キンドルで見ることを想定した大きさに設定しました。

しかし、ここでいくつか問題が発生しました。

iPhoneでもiPadでも、開くことは可能ですが、このまま公開するのは、ちょっとムリなエラーです。

一つは、PDFだと問題ないのですが、epubのファイルだと、なぜか空白のページが生まれてしまうのです。これ、どーにかならないんですかね?別の写真集を急遽作ったのですが、同じように違う場所に空白ページができてしまいました。

PDFはブラウザでもiBooksでも読めます。しかし、せっかくだからキンドルのアプリで見てやろうか!なんて親切な人がいたら、問題が発生します。

ファイルをキンドルに送ると、ファイル名と制作者名が表示されるのです。これって、今、サービス残業の息抜きで作ったので、会社名と個人名が、ご丁寧にバーン!と出てくるのですよ。

自宅で作っても同じ事ですよね?おそらくインデザインのユーザー名が表示されている筈なんですけど、4647って表記にするには、専用のパソコンとソフトが必要になるってことなんですかね?

いやぁお気楽に電子出版なんか簡単!なんて言ってはみたものの、細かいところで頓挫しちゃいました。

片手間でやるこっちゃないんでしょうね。

問題点は二つです。

  • epubだと意図しない空白ページが出来る。
  • epubでもpdfでも、キンドルに読み込むときに、制作者の実名が表示される。

こいつが片づかない限り、電子書籍デビューは遠いですねー。仕方ないので、表紙だけアップしておきます(笑)

2017年05月23日 | Posted in マヒトデラックス | | No Comments » 

関連記事